ハングタイム・ライターズ

何も見ない日はないのです。何も思わない日はないのです。

MOSAIC

エイリアン塗装(4)

少し前の話・・・・

mosa111219-1.jpg
マーミット エイリアン B type リペイント(4)
Giger's Alien -Marmit B Type- Repaint (4)

今回はちょこっと改修したところなども見てください。


mosa111219-2.jpg
↑もとの画像はkitikitiさんから勝手に拝借しました。m(_ _)m
http://blogs.yahoo.co.jp/toyshouse2007/15864627.html
・この商品で一番気になる所、肩の出っ張りを削りました。
・前歯がやたら長かったのでヒトの前歯っぽく、ガツっとカットしました。
よくよく見ると私のって手の合わせがスレてるし、
顔も少し傾いてますね。。
この歪み、、初販と再販分による違いなのか?どうなんどろう。。


mosa111219-3.jpg
・ガイコツ部分。
→額から鼻づらにかけてのラインをリューターで修正。
→こめかみ部分(パイプが入り込んでる所)が
平坦だったのでガリガリ削り込みました。
ドームを被せちゃうとほとんど見えないところですが。。


mosa111219-4.jpg
・クリアドームの塗装は内側からエアブラシにて。 
→前方は額のあたりに薄~くシルバーを。
(劇中、銀色っぽく見えたりするシーンがあるので) 
→後方は最初にスモークグレイを広めに吹いて
その後末端部分にブラックを吹きました。


mosa111219-5.jpg
・ガイコツ部のディテールをシャーペンで書き込み。 
画像は白く飛んじゃってますが、頭蓋のヒビ割れも書いてます。
・ボディの追加塗装。→前回の状態から少し加筆して、
一度フラットを全体に吹いて定着。
→その後、クリヤーオレンジを少し濁らせて所々にのせていきました。
→最後にスモークグレイを全体に吹いて色を落ちつかせました。
結果、色の深みは前回から増したと思んですが、、
ハイライトが死んじゃったので明暗やメリハリがなくなってしまい。。
まぁ、良しとします。

・・・

と、ここまできて、
やはり肩のディテールは忠実にしたほうが良かったかなぁ~とちょっと後悔。
本気モードでやるとまた時間がかかって放置、
なんてことになりかねないので塗装を楽しむモードで作ってるんですが、
中途半端は心残りが出ますね~。。


mosa111219-6.jpg
塗装はだいたいこんなで終いにして、、あと残るは、、
・後頭部のドームを一体成形。
・アゴチューブの追加。
・尻尾の接着。
・台座制作。といった感じ。

・・・

今回もいろいろ資料を漁りながら作っているんですが
プロの超絶塗装の一旦がほんの少~し分かった気がしたり、、
ジョッキーさん制作の時と同様、
自分でいじってみて気付くところもチラホラ。。
"通"ぶってみても、しょせん自分は"にわか"だったのだと。(笑
次回はなぜ塗装のテーマを"コスチューム"にしたのか、
また改めて気付いたことなど<資料見て改めて気付いたゾ編>(笑)
といった感じでアップしたいと思います。

MOSAIC

エイリアン塗装(3)

少し前の話・・・。

mozaic111217-1.jpg
マーミット エイリアン B type リペイント(3)
Giger's Alien -Marmit B Type- Repaint (3)

塗装が少し進みました。が、問題も。。

おさらい↓

mozaic111217-2.jpg
と、ギーガーさんは言ってましたが、
私にそんなスキルはない!と言うわけで
『本物の生物ではなくコスチュームに見えるように塗りたい』
と始めた今回の塗装。w
しかしエアブラシはハードルが高いので
細筆でしゃぶしゃぶ塗ってます。^^:

エナメルの黒~グレイを薄めて筆のラインが残らぬよう、
とにかくしゃぶしゃぶ。w
感じとしては、、ウェザリングで情報量を増やす、みたいな。。w
なんせ生物系塗るの初めてなんで。。


mozaic111217-3.jpg
で、現状こんなです。。
流行りの?全身縞しま模様はのっけから諦めました。。(汗
肩と背中のパイプのところだけかろうじて残ってます。
実際のプロップはそんな縞しまじゃないですが、、
やってみたかったんですよね。(笑

がしかし、ここまできて、ちょっと悩ましい問題が。。
ラテックス色を想定してベースに茶を塗ったのですが、、
全身茶にすべきではなかったと。。
ドッグエイリアンならまだしも、ビッグチャップって
あまり茶色ってイメージでなく
なんとなくグレイ~黒ってイメージですよね?


mozaic111217-4.jpg
上の写真のように、たまたまヘッドよこのパイプは
サフグレイがのってたので良い感じですが
ボディのほうは、、当たり前ですがハイライトに茶が出過ぎ。。
ほんとはちょっとハゲてるところにラテックスの茶が見えてる感じで、
と思ってたんですよ。。

なのでボディのベースは、
茶とグレイをまだらに塗って適当なところに
茶が浮いてるくらいが自分の中での正解。。

う~ん、悩ましい。。塗り直し? いやいやいや。。
まぁ、上にスモークグレイを吹いてなんとかなる、、かな~?。。


mozaic111217-5.jpg
こうして見るとなんか、、骨董屋さんにある古いブロンズ像みたいな。。
まさにスタチューといえばスタチュー...(笑

余談ですが、今回は映画DVD特典のメイキングではなく、
『ギーガーズ・エイリアン』のほうのメイキングDVD
(ギーガー本人がナレーションしてるやつ)を延々見ながら
やっていたので当然あの独特のBGMも延々とリフレイン。。
軽~く催眠状態に陥りました。(笑

MOSAIC

アウトサイダー

少し前の話・・・・

mosa111217.jpg
STAY GOLD ~ The Outsiders ~

最近仕事場でルーチンにかけている
スティービー・ワンダーのBESTアルバム。
一日中聴いてたりします。(笑
好きな曲ばかりですが、中でも一番思い入れのある曲が『STAY GOLD』。
コッポラの映画『アウトサイダー』のために作曲されたもの。
映画は1983年公開当時、友達なんかとつるんで劇場に観に行きました。

今観るとなんてことはない?
若者の叙情溢れる青春の1ページを綴った内容なのですが
主人公たちと同じ年頃だったこともあり、
思春期特有の感受性でかなりハマった覚えがあります。

マット・ディロン、C・トーマス・ハウエル、パトリック・スウェイジ、
ラルフ・マッチオ、エミリオ・エステベス、ロブ・ロウ、トム・クルーズ、、
そして、ダイアン・レイン。。
ハリウッド映画界で"若手スター"が活躍する場を作った先駆けでもあります。

なかでもエミリオ・エステベスが好きで、同じミッキーのTシャツを
古着屋で買っては真似たりしてました。(笑

ロブ・ロウは、端正な顔つきでその後活躍し、
アラン・ドロンの再来かとまでもてはやされ、
ファンになったりもしましたが、、(男好き? w)
例のアダルトな事件があり。。w

すでに先立たれた人もいますが、
みなそれぞれに成長し、立派な大人になりましたね~。
STAY GOLD、、もはや黄金期などはとうに過ぎ、、
シルバーな感じが否めませんが
せめて "いぶし銀" と言われたい今日この頃。(笑

MOSAIC

エイリアン塗装(3)

少し、前の話・・・。

mosa111217-1.jpg
マーミット エイリアン B type リペイント(3)
Giger's Alien -Marmit B Type- Repaint (3)

塗装が少し進みました。が、問題も。。

おさらい↓


mosa111217-2.jpg
と、ギーガーさんは言ってましたが、
私にそんなスキルはない!と言うわけで
『本物の生物ではなくコスチュームに見えるように塗りたい』
と始めた今回の塗装。w
しかしエアブラシはハードルが高いので細筆でしゃぶしゃぶ塗ってます。^^:

エナメルの黒~グレイを薄めて筆のラインが残らぬよう、
とにかくしゃぶしゃぶ。w
感じとしては、、ウェザリングで情報量を増やす、みたいな。。w
なんせ生物系塗るの初めてなんで。。


mosa111217-3.jpg
で、現状こんなです。。
流行りの?全身縞しま模様はのっけから諦めました。。(汗
肩と背中のパイプのところだけかろうじて残ってます。
実際のプロップはそんな縞しまじゃないですが、、
やってみたかったんですよね。(笑

がしかし、ここまできて、ちょっと悩ましい問題が。。
ラテックス色を想定してベースに茶を塗ったのですが、、
全身茶にすべきではなかったと。。
ドッグエイリアンならまだしも、ビッグチャップって
あまり茶色ってイメージでなく
なんとなくグレイ~黒ってイメージですよね?


mosa111217-4.jpg
上の写真のように、たまたまヘッドよこのパイプは
サフグレイがのってたので良い感じですが
ボディのほうは、、当たり前ですがハイライトに茶が出過ぎ。。
ほんとはちょっとハゲてるところにラテックスの茶が見えてる感じで、
と思ってたんですよ。。

なのでボディのベースは、茶とグレイをまだらに塗って
適当なところに茶が浮いてる
くらいが自分の中での正解。。

う~ん、悩ましい。。塗り直し? いやいやいや。。
まぁ、上にスモークグレイを吹いてなんとかなる、、かな~?。。


mosa111217-5.jpg
こうして見るとなんか、、骨董屋さんにある古いブロンズ像みたいな。。
まさにスタチューといえばスタチュー...(笑

余談ですが、今回は映画DVD特典のメイキングではなく、
『ギーガーズ・エイリアン』のほうのメイキングDVD
(ギーガー本人がナレーションしてるやつ)を
延々見ながらやっていたので当然あの独特のBGMも
延々とリフレイン。。軽~く催眠状態に陥りました。(笑

MOSAIC

エイリアン塗装(2)

少し前の話・・・

mosa111215-1.jpg
マーミット エイリアン B type リペイント(2)
Giger's Alien -Marmit B Type- Repaint (2)

mosa111215-2.jpg
このかがみポーズのエイリアン、
ゲットした当時はそれはもう狂喜したものですが
今やもう、かなりクラシックな商品になってしまいましたね。。

このスタチューのいまいちな箇所、『肩が出っ張りすぎ』なのが気になったので
超音波カッターで削りました。( 実際は胸も左右に広すぎなんですが。。)
ついでに『あごチューブ』が一体化されちゃってるのでこちらも削り落としました。


mosa111215-3.jpg
削った肩をスプリングパイプと針金でディテール追加。
ディテールは適当です。^^;
あとモールドの無い箇所(背中・腰・お尻など)がツルツルしすぎなので
全体に溶きパテを筆でしゃぶしゃぶ塗りたくり、凸凹表面に。
(・・・メタルアイアンで塗ったのは何だったのか。。)


mosa111215-4.jpg
反対側もこんな感じで。ディテールは適当です。^^;
ちなみに、BGM代わりにALIENのメイキングDVDを
"ながら見"しながら作ると気分が出ます。


mosa111215-5.jpg
その後、なぜかサンドカラーで塗装。。
本物プロップのラテックスラバー色のつもり。
実際、ラテックスのできたてホヤホヤはもっとアイボリーで、、
後年のプロップ写真では経年変化からか?
茶色に変色しているみたいで、、その中間くらい?
その上にエナメルでスミ入れです。


mosa111215-6.jpg
そして同じくエナメルの黒~グレーで縞模様を塗ってみる。。
ウ~ン、、、こうして画像で見ると、、、かなり、、汚い。。
実物はもうちょっといい感じなんだけどなぁ~、、気のせいか?老眼のせいか?...

さらにこの後、ラッカーのスモークグレーで色のせしつつ、、試行錯誤しつつ。。

・・・作りたいときに作りたいものを作る!
・・・というスタンスでいくことにします。^^;