ハングタイム・ライターズ

何も見ない日はないのです。何も思わない日はないのです。

2013.07

hittaka@desk

宿根草 盛夏 2013

山を北西に背負い、風は吹き抜け、
南東向きに日当たり良好。

どんな植物がこの庭で生き残るのか、
試行錯誤しながら、少しずつ自分の庭らしくなってくる。


エキナセアは耐寒性宿根草。キク科。

グリーンジュエル

ekinasea2013 (1).JPG

ココナッツライム

ekinasea2013 (2).JPG

ルドベキアもキク科の仲間
チェリーブランデー

rudobekia2013.JPG

エキノプス・スターフロスト
は、見ての通り、アザミの仲間。
瑠璃玉アザミが和名。

ekinopus2013.JPG


夏を越せるか。そして、冬を越せるか。


ちょっとだけ、変わってる。ものが好み。

2013/07/hittaka@desk

hittaka@desk

福岡出張 2013 夏

今年2度目の福岡出張。

お昼御飯に、天神よし田の鯛茶をいただく。

taicha2013 (1).JPG

taicha2013 (2).JPG

taicha2013 (3).JPG

ごはんはおひつで出てくる。
一杯目は普通にお刺身で。
二杯目ごはんのうえにのせてだしをかけて、
鯛茶漬けでいただく・・・。

うまかぁ。


2013/07/hittaka@desk

MOSAIC

風の谷のガンシップ - 完成 -

mosagunship319-1.jpg
風の谷のガンシップ - 完成 -

ちょっと間が空きましたが『風の谷のガンシップ』完成画像アップです。
未完成ストレス解消のための(笑)一日モデリングだったので、
がっつり気合いを入れて
作った塗ったをした分けではないですが楽しみながらできました。
やはり完成させてなんぼだなと。精神衛生的にも。^^;

mosagunship319-2.jpg
ナウシカの時代、
テクノロジーのほとんどは先史文明の遺産ということになっています。
武器や火薬などの<家内制手工業的な>製造技術は
完全には失われてはいないものの
飛行機のエンジンなどを新たに製造する技術は
失なわれていて遺跡から発掘されたものや
墜落した他の機体などから回収した部品を使っているようです。
機体の材料には旧世界の遺品として手に入るセラミックのほか、
王蟲の甲皮や木材が用いられ
度重なる補修をしながら使っていると。

mosagunship319-3.jpg
そんな設定なので、ボロな感じは出したいですよね。
ボロなんだけど大事に手入れをしながら運用している機体。
で、メカでボロを言えば<ハゲチョロ>表現なんですが、
今回ハゲチョロは抑えめにしてます。
模型的にはすごく分かり易いんですが、
巨神兵を製造できるテクノロジーで鉄サビや塗装ハゲって
ちょっと違うかなと。あと<セラミック>という言葉が頭に残ってたり。
そんなこんなを考えながら塗るのも空想上の機体塗装の楽しみ方だったりします。

mosagunship319-4.jpg
そもそもこの機体の色は<塗装>によるものなのか??なんて考えたり。。
いや、ペジテのガンシップのあのワインレッド色は
どう見ても塗装だしな、
とか。。
とまぁ、リクツはこのくらいで。^^;

mosagunship319-5.jpg
一番の特長と言っていい機首部分。砲口はこのくらい汚したかったです。
ちなみに砲口下部の三角形で伸びてるパーツは
パテ埋めで一体成形にするのがセオリー?
パーツ先端は砲口部の面から少し引っ込んでるので
面で削るかパテで盛るかして<ツラいち>に。
私は黒瞬着で盛ってからツラいちにしました。^^

キャノピーはまんまだとクリアパーツに見え見えなので
裏側から薄くスモークを塗ってます。
小さいので筆塗りで十分です。
しかしこのキャノピーは王蟲の目の殻なのか?
だとしたら本来の形状は違ったのかなぁ?
あぁ、またヘリクツが。。

mosagunship319-6.jpg
車輪収納部分は、パーツの差し換えで選択式になってますが
主翼への差し込みがけっこうテンションきつめなので(塗料の厚みでなおさら..)
最初に少しヤスリがけしておいたほうがあとあとラクかもです。
でないと車輪の軸が細いので私のように折れちゃわないか
ビクビクしながら取り外すハメになります。

mosagunship319-7.jpg
上の画像で機体の溝が白く見えるところ。
実際はシャーペンでスミ入れ(というのかな?)をしているので反射で光ってます。

下の画像、両翼のフラップ内側。
鉄サビやハゲチョロは抑えめでと書きましたがここだけは例外。
設定ではこの内側も機体色と同じベージュですが、
一色ではメカとしてメリハリ感が出ないのと
やっぱりどこかしらに金属感は欲しいなと思ったので。^^

mosagunship319-8.jpg
スタンドは黒スプレーでササっと。

mosagunship319-9.jpg
いやとにかく面白いカタチをしてます。
Ma.Kのファルケもすごく模型映する面白いカタチをしてますが、
このガンシップもなかなか♪
航空機モデラーの方達は皆この<飛ぶカタチ>というのに
魅せられるんだろうなぁ~。

mosagunship319-10.jpg
完成お披露目はこれにて。
ですが、もうちょっと続きます。^^
いつの間にか<宮崎メカ制作>書庫作ってるし。(笑

hittaka@desk

今日見た広告:JR東日本:木村文乃

kimurahumino.JPG
誰かが言った。
神は細部に宿る。
全体は細部の集積でできている。
一事が万事。・・・・

全体にこだわるためには、
デティールはないがしろにできないのだ。

クリエイティブは一人で作るものから、
集団で作るものまで、さまざま。

映画やCM映像には数十人から、数百人まで
制作にかかわる人がいる。

良い作品を作るためのエレメント、デティールは
全体に影響する。
なかでも、主演女優となればその重要度は最上級。
その善し悪しは作品全体に多大な影響を与えるわけです。

陰と陽の両面が描ける若手の女優。
そして、どメジャーになるちょっと手前のリアリティー。

良いスタッフは良い作品を創り上げるために、
キャスティングにも隙を見せず、結果を出しましたね。


CMより、グラフィックの何気ない一枚が好きです。


2013/07/hittaka@desk


hittaka@desk

今日見た広告:ポカリスエット: ダルビッシュ有

daru2013.JPG
イチローが活躍して、松井が活躍して、
松坂はもうちょっと頑張ってほしくて、
でも、ダルビッシュは期待通りの活躍をしてくれている。

野茂を忘れちゃぁいけませんけどね・・・。


汗をかいたら、ポカリスエット。

製品の本質を伝える本来の姿に戻りましたね。

ビートたけしの作りも好きですけど、
ポカリに合っているのは、やっぱりスポーツマンかな。

ただ、マッチしすぎて、
クリエイティブにフックがなくて、
印象に残りにくい・・・・・。

なんてことも起こっているのかも。


テキサスレンジャースのユニフォームがブルーなあたり、
広告的にはラッキーですね。


2013/07/hittaka@desk