ハングタイム・ライターズ

何も見ない日はないのです。何も思わない日はないのです。

2015.08

hittaka@desk

中央アルプス木曽駒ケ岳 山行記 2015

パッキングしたザックをしょい込み、
新宿駅西口ヨドバシ前高速バス乗り場に集合。
21時30分発の深夜高速バスで山に向かう。

集合場所に集合時間にきちんと来ることが最初の一歩。
5分前はちょっとギリギリすぎだね。・・・反省。

山専用のバスではなかったので、車内は消灯されず。
耳栓しようがアイマスクしようが、やはりあまり眠れず。

大切なのは、それをあまり気にしないこと。

途中のターミナルで朝食用のサンドイッチとおにぎりを調達。
バスは深夜一時に駒ヶ根に到着。
木曽駒ヶ根は雨。レインジャケットを着る。
バス停から歩いてJR木曽駒ヶ根駅へ向かう。

駅構内でステーションビバークという名の野宿。
おのおの居心地のよさそうな場所を見つくろって
マットを敷いて仮眠をとる。

なんとなく人の気配や光や虫や風が気になる。
2時間くらいは寝たかな。・・・それで良しとする。

kisokoma2015 (1).JPG

4時ころ、もそもそと朝飯を食べる。
5時にお願いしておいたタクシーが迎えに来る。
約50分ほど走りロープウエーの駅へ。
係の人も誰もいない明かりも付いていない駅に一番乗り。

kisokoma2015 (2).JPG

始発のロープウエーに乗りこむ。
6:30

雨だねぇ・・・。視界が悪いねぇ・・・。
人は見ればわかることを口に出して確認する動物なのです。

kisokoma2015 (3).JPG

ザーザーと音を立てて振る雨のなか、
日本で一番高い場所にあるとうたう駅に到着。
ま、こんな天気だし、急いでもねぇ・・・。と
まずはコーヒーブレイク。

kisokoma2015 (4).JPG

でも、いつまでもこうしててもねぇ・・・と出発。
7:30

kisokoma2015 (5).JPG

千畳敷を歩く。
この天気だから人は少ない。

kisokoma2015 (6).JPG

徐々に山の角度が高まっていく。
徐々に緊張感が高まっていく。
徐々に心拍数が高まっていく。
徐々に体温があがっていく。

kisokoma2015 (7).JPG

振りかえるとこんな感じ。

ナイロンのレインコートの人や
ビニール傘の人もいる。

大丈夫だろうか。

kisokoma2015 (8).JPG

8:20
50分ばかり歩いて乗越浄土(のっこしじょうど)に到着。
一息つく。

kisokoma2015 (9).JPG

雨だなぁ。
見晴らしないなぁ。
これからどうするかなぁ・・・。

それぞれの思いが交錯する。

kisokoma2015 (10).JPG

ま、ここでこうしててもね。
攻めるとこ攻めちゃいましょうか・・・。
とデポして次へ。

「デポってサイコー!」

kisokoma2015 (11).JPG

10kg越えの荷物を下ろした身軽さで伊那前岳へ。
2883 m
やっぱり見晴らし悪いねぇ・・・。

kisokoma2015 (12).JPG

おっ雲が切れた。
そんなことで盛り上がる一行。

人はどんなことでも盛り上がれる。

kisokoma2015 (13).JPG

デポした場所へ戻り、再び荷物を背負い、歩き出す。
中岳を過ぎ、駒ケ岳山頂荘到着。
10:00

kisokoma2015 (14).JPG

雨だねぇ・・・。
どうする?
小屋に留まる選択肢もあるよ・・・
そんなことを話し合いつつ。
ちょっと小屋の様子を見てくるよ。
と隊長のいない間、じっと地面を見るT隊員。

俺はなぜ今ここにいるのか・・・。

修行の時間はさらに続く・・・。

kisokoma2015 (15).JPG

ま、ひとまず張りますか。
ということになり、テント設営。

高く積まれた石垣が風の通り道であるテン場を物語る。

kisokoma2015 (16).JPG

隊長の寝床はツエルト!
さらに楽しい酒盛りを夢見てタープを張る隊長とT女隊員。
隊員各自テント設営。
荷物やテント内をいかに濡らさないか・・・。
工夫するけど、やっぱりちょっと濡れるね。

kisokoma2015 (17).JPG

ひとまず設営したテントで一休み。
雨の降る日のテントへの出入りが難しい。というか、メンドクサイ。
前室がもっと広ければいいのに・・・。
しかし、
テントの中は想像以上に静かで温かい。

2、30分ほどもしないうちに
とりあえず攻めるとこ攻めちゃいましょう。
と言う内容の方針決定の声。
脱いだ雨具と靴を再び身につけ
今回のメインイベント駒ケ岳を目指す。

kisokoma2015 (18).JPG

いやぁ、着いたね。
12:10

kisokoma2015 (19).JPG

おぉ、駒ケ岳2956m登頂の記録を残しておこう。

kisokoma2015 (20).JPG

旅の無事をお参りしておこう。

kisokoma2015 (21).JPG

さて、展望も望めないし、帰りますかね。
そうだね、酒盛りだ酒盛りだ!

kisokoma2015 (22).JPG

外は引き続き雨。
タープは張ったもののそこで宴会できる状況になく・・・。
駒ケ岳山頂荘にて酒盛りへと方針を変更。
そりゃぁそうだ。それが正解だ。
休憩料ひとり¥300。安い安い。

隊員が宴会の準備を進める間に
隊長はツエルトの上にタープを移動しているとのこと。

13:30

比較的ライトトレッキングゆえの充実した宴会計画。
まず、冷えた体を温めようと
チリコンカンスープを煮込む。
ホットウイスキーを飲む。
缶ビールを何本か開けた後、再びウイスキー。
最後は日本酒。
日本酒700mlを荷揚げしたが、1Lでもよかったなと隊長。

kisokoma2015 (23).JPG

スープで体をあっためた後は炒め物。
オリーブのスクランブルエッグ。

生卵をここまで持ってくるのにも
知恵と工夫があるのです。(by隊長)

kisokoma2015 (24).JPG

料理のできる男子はモテルというのは貴重である。
ここでは隊長とT隊員が料理男子

ほらこうしてこうして・・・うまそうでしょ。

確かに!
うまし!!!

kisokoma2015 (25).JPG

2品目はイワシの缶づめにトマトピューレ。
たっぷりのパルメザンチーズをふって
仕上げにオリーブオイル。

うまし!!!!

*****

4時まで宴会は続き、
小屋に泊まっている宿泊客に場所を受け渡す。

狭いテントに戻っても長い夜が待っているだけなので、
ストーブの周りに場所を移動して話が続く。

湿った手袋を乾かしながら、靴下を乾かしながら、
ジャケットを乾かしながら・・・8時を過ぎて、
テントに戻る。

kisokoma2015 (26).JPG

小屋を出るときは雨上がって霧がかった状態。
気温もさほど下がっておらず、ちょっと安心。
テントの中のシュラフに体を滑り込ませ、
ストーブで暖まった体のまま、ほどなく就寝。

雨音に目が覚める。
よく寝たな。と思うも時計を見ると12時半。
天気も悪そうだし、ゆっくりと出ましょう。
と7時出発の予定だったので、
まだ先は長い。

断続的にウトウトと浅い眠るに落ちるも
徐々に強まる雨と風に目が覚める。

たしか耳栓があったなぁ、と暗がりのなか手探りで耳栓。
これは結構いい効果ありました。

******

5時。
およそ10~15mの風雨。
意を決して撤収。
テントの中で手順をシミュレーション。

細々片づけをし、枕をたたみ、シュラフをたたみ、
マットを畳む。パッキングをし、
雨具の準備を完璧にしてから靴を履き
防風雨の外に出る。

ザックカバーをしたザックはテントの中に。
荷物が濡れるのを防ぎ、テントが飛ぶのを防ぐ。

まずテントのポールを抜く。
ペグを抜き、ロープを外す。

ポールとペグを収納する。
飛ばされないようにおさえながら、
テントの中からザックを取り出し背負ってしまう。

強い雨と風。
テントはその場で畳もうとせず、
ひとまずレジ袋にざっくりと取り込んで小屋に向かう。
6:00
隊長がすでに小屋でコーヒーを飲んでいる。
聞けば強まった風雨でタープ、ツエルトが崩され、
3時半に早々に撤収したとのこと。

晴れていればいつもはテントの中でとる朝食を小屋でいただく。
ストーブがついていて暖かい。

スープを作り、そこに
乾燥ワカメと乾燥野菜とクラッカーを放り込む。

カフェオレを作って飲み、
落ち着いた後でざっくりと取り込んでもってきたテントを
改めて畳み直してザックの中にしまいこむ・・・。

*****

7時。
暴風雨の中で初めてのテント撤収をしてきた
T隊員とT女隊員が小屋にやってくる。

それぞれの一晩の物語を聞かせあう。
大変だったね・・・。とお互いをねぎらって、
さ、下山下山。

kisokoma2015 (27).JPG

横殴りの雨。
大きなザックにあおられて、
強い風に体が持って行かれそうになる。

強い風が顔に当たる。
メガネが濡れて前が見えにくい。

緊張感を持っての下り坂。

大雨が沢となり山肌を下っていく。

kisokoma2015 (28).JPG

ようやくコース終盤。
晴れていれば残されて咲いていた高山植物を
もっと観賞していたのだろうに。

kisokoma2015 (29).JPG

スタート地点に到着。
登山の無事を神様に報告&お礼。

信心深いT隊員とほらもう行くよと健脚の2人。

kisokoma2015 (30).JPG

いやぁ、大変だったね。
&オレもう、やだ。

・・・の図。

kisokoma2015 (31).JPG

ロープウエーを下り、バスに乗り、帰路へ。
バスを途中下車し「こまくさの湯」温泉に入る。
温泉施設で飯を食べビールを飲む。

温泉&ビール
これが登山の大きな目的の一つ。
(ホッとしすぎて写真を撮っていない)

帰りの行程の確認をしつつ、
再びバスに乗って一昨晩野宿したJR駒ヶ根駅へ。

kisokoma2015 (32).JPG

駅で身支度を整え、パッキングを整え、
電車でのお楽しみの買い出しをする。

特急あずさの岡谷からの座席取りがうまくいかず、
甲府で乗り換え。
始発の特急でうまくボックス席が取れて
かえって楽しい旅路となりました。

kisokoma2015 (33).JPG

いやぁ、しかし、暴風雨の中の山行。
これはこれでいい勉強と体験になりました。

雨の中でのテンパク。
設営と撤収。
雨の中での行動。
雨に濡れない着こなし。身のこなし。

準備とシミュレーション

まぁ、でもアクシデントがいい思い出になります。
(俺はね)

hittaka@desk

井上亀夫&Tanima

渚にて~岩美

台風の影響で海に出るのお預け。
温泉三昧。

tanima150827-1.jpg

tanima150827-2.jpg

tanima150827-3.jpg

tanima150827-4.jpg

tanima150827-5.jpg
海も天才である。

tanima150827-6.jpg

kameo@tanima

hittaka@desk

夏の思い出/南房総篇 2015

夏の小旅行。
南房総。
プール。
温泉。
バイキング。
ビーチコーミング。
迎え火。

beach2015.JPG
拾っちゃうんだよなぁ・・・
海を歩くと、どうしても。

波に洗われたフジツボ
アリストテレスの提灯。
完品の巻貝。
ビーチグラス。

質感。色彩。

あれよ、フレスコ画みたいなカンジ・・・。

hittaka@desk


井上亀夫&Tanima

友とそばとそば


遠方より来る友と但馬とその周辺でそば三昧。

tanima150826-1.png
★今回は山椒川へのせり出しで食事です。

tanima150826-2.png
★食事途中撮ですみません。ここの十割そば、塩で頂くと甘みが増して
美味しい方に激変します。

・・・「山椒庵」豊岡床瀬の隣にある椒(はじかみ)地区、
ここに5年前に出来たお蕎麦屋さん(厳密には床瀬そばではない)。
つなぎナシの十割そば。
腰の強さ、とても十割とは思えません。
バスの運転手さんから脱サラして始められたオーナー、
どこのお店で修業されたかは秘密にされています。
ぼくは近所の但東町赤花そばの郷とみた。
但馬界隈で一番近い味。いっしょ?
あー、いつも写真撮るの忘れる。途中撮ですみません・・。

tanima150826-3.png
★冷たい汁そば、かぼすそば。

tanima150826-4.png
★ざるそば(奥)ととろろそば。
三品とも全てゆで時間が同じようなのが(多分ですが)気になりました。
美味しく頂きました。次回は温かい汁そばにしよう。
・・・但馬番外・鳥取「かわぐち」
鳥取岩美トゥジュール稲木さん、大プッシュのお店
やっと来れました。
そばの前にサイドメニューを色々頂く。
おしんこ(キュウリのぬか漬け)、野菜のてんぷら、巻きずし等々
どれもすごくおいしい。ビールが進みます。
今日のそばは福井産の白、大山産の黒をお好みで選べるとのことでしたが
残念なことに白は早々に売り切れ。
大山の黒(そばの殻を一部一緒に製麺機にかけて作られるそば粉とのこと)で。
ここのそば、魅力的なのがお店の二階に製粉機がすえてあること!
オーナーそば職人若いのに気合入っています。
一九そば。

そばな旅。

ありがとうございました。

kameo@tanima

井上亀夫&Tanima

8月24日 2015

友、遠方より来る。
これから豊岡 山椒庵でそばです。
今晩は鳥取、岩美で大海戦じゃなく大海鮮パーティー。
楽しみデス。
トゥジュールも行こう!

tanima150824.jpg
海で遊ぼう。

晩夏を惜しむ旅。

kameo@tanima