スタッフブログ

地球が回ってる限り、宇宙が膨張し続ける限りHUNG TIME TIMES!

Head Office H/T

春の庭 2017

春分のころの庭。

桃(ネクタリン)の花、咲く。

garden1703-1.JPG

宿根のキンポウゲ科の花が咲く。
アネモネ。

garden1703-2.JPG

クリスマスローズもキンポウゲ科らしい。

garden1703-3.JPG

しかし・・・
年々花粉症の症状がひどくなる。
困った三月。

hittaka@desk

Head Office H/T

兄いの結婚式

兄いの結婚式。
2月最後の日曜日。
三島の空は、よく晴れました。

seijikekkon2017 (1).JPG

鏡開き!

seijikekkon2017 (2).JPG

seijikekkon2017 (3).JPG

よ!兄弟!

seijikekkon2017 (4).JPG

こういうときは、エビちゃんの登場です。

seijikekkon2017 (5).JPG

久しぶりの仲間たちに会いに行くようなもの。

seijikekkon2017 (6).JPG

お決まりのちゅー。

seijikekkon2017 (7).JPG

満面の笑顔。

seijikekkon2017 (8).JPG

からのちゅー。

seijikekkon2017 (9).JPG

懐かしの面々。

seijikekkon2017 (10).JPG

みんな変わらないね。

seijikekkon2017 (11).JPG

何を着ても演歌歌手のようになってしまう。

seijikekkon2017 (12).JPG

二次会も終盤。丸ちゃんは酔ってきてるね。

seijikekkon2017 (13).JPG

三島の繁華街。3次会の会場を探してます。

seijikekkon2017 (14).JPG

3次会会場に新郎新婦。弟夫婦も参加。

seijikekkon2017 (15).JPG

いやー、飲んだね。話したね。


おめでとう!!アニぃ!!お幸せに!!

hittaka@desk

サバイバルファミリー

survivalfamily.JPG
休日に映画「サバイバルファミリー」を観賞。
突っ込みどころは満載で、そこは笑い飛ばしていいところ。
その中で、随所随所に各自考えればいいところがちりばめられている。

電力がストップして、
ライフラインがストップしたとして、
家がつぶれていなくても、
たぶん、1週間は持たないなぁ・・・。
自力で火はおこせないなぁ・・・・。
人力でどこまでいけるかなぁ・・・。
自給自足は強いなぁ・・・。

3.11のとき、確かに自転車が売り切れてたわ。
スーパーから水や食品やろうそくが売り切れてたわ。

水が手に入らない都会はもろいね・・・。

悲惨な物語にせずにコメディーとして描くことで
家族、子供にも観賞させる狙いがあったんでしょうね。

hittaka@desk

Head Office H/T

立春:2017

立春を過ぎて、
ミモザの花が咲く。
ミモザの花が咲き始めるということは、
花粉が飛び始めるぞということでもある。

mimosa1702.JPG

rosemary1702.JPG

ローズマリーの花は真冬に咲く。
小さな花を近づいて見てみると、
それは蘭の花の形によく似た形をしている。
植物ってのは、つくづく不思議なものである。

hittaka@desk

Head Office H/T

今日見た映画:マグニフィセント7

20170201seven.JPG
飲んだ席で、いちばん好きな映画は何?的な話題がときどき起こる。
そこでは「荒野の七人」と「大脱走」と答えるようにしている。
実際そうなんだから・・・。

毎年、何百本と映画が公開される。
傑作が何本もある・・・。
だが、子供のころに見たインパクト、
それが人生に与えた影響を越えることはない。

それは、映画どうしの力関係の話とはまた違った、
相対性理論の話である・・・。

もちろん「七人の侍」も見た。
七人の侍も素晴らしい。
だが、先に見た「荒野の七人」が刷り込まれているのだ。
そっちが自分の基準になってしまっている。
「七人の侍」は「荒野の七人」にそっくりだ。・・・となる。
逆なのにね・・・。

その「七人の侍」「荒野の七人」の魂を受け継いだ作品。

楽しめます。前作を知らなくても、楽しめる。
シンプルでかっこいい。
男にとってかっこいいってのは一番重要な条件。

緊張感を持って2時間をあっという間に過ごせる。
「退屈しない」それだけでも映画的には実に満足だ。

そして、また改めてバーンスタインと
あのテーマソングの偉大さも確認することになる。

hittaka@desk