スタッフブログ

地球が回ってる限り、宇宙が膨張し続ける限りHUNG TIME TIMES!

Head Office H/T

立川談春:独演会:2016秋

過日。
板橋区立文化会館に落語を見に行ってきました。

danshun2016 (1).JPG

danshun2016 (2).JPG

danshun2016 (3).JPG
遊座大山商店街。
で、開演までの暇つぶしにく焼き鳥セットで一杯。
落語のあとの晩御飯に再び一杯。

今、もっともチケットのとれない落語家と言われている談春。
さすがでした。

hittaka@desk

Head Office H/T

立川談春:独演会:2016秋

過日。
板橋区立文化会館に落語を見に行ってきました。

danshun2016 (1).JPG

danshun2016 (2).JPG

danshun2016 (3).JPG
遊座大山商店街。
で、開演までの暇つぶしにく焼き鳥セットで一杯。
落語のあとの晩御飯に再び一杯。

今、もっともチケットのとれない落語家と言われている談春。
さすがでした。

hittaka@desk

Head Office H/T

モンキチョウ:2016

秋。
モンキチョウが脱皮。

monkityou2016 (1).JPG

かと思ったら、
交尾。

速くない!?

monkityou2016 (2).JPG
春と秋、年に二回発生するんだそうですな。

虫の世界は謎だらけ。

hittaka@desk

Head Office H/T

モンキチョウ:2016

秋。
モンキチョウが脱皮。

monkityou2016 (1).JPG

かと思ったら、
交尾。

速くない!?

monkityou2016 (2).JPG
春と秋、年に二回発生するんだそうですな。

虫の世界は謎だらけ。

hittaka@desk

Head Office H/T

妙高山-火打山/2016

ツバクロからの下山の苦労からひと月以上経って
そのつらさも忘れかけた頃のお誘いを受けて、
新潟、妙高山/火打山に行ってまいりました。

今回は計画決定から実行まで、
うっかりしたり、勘違いしたりして時間がなく、
慌ただしく準備。
水曜日、食材など購入
木曜日、パッキング完了。
週末金曜日夕方に家に帰ってシャワーを浴びて
着替えて、荷物を担いで再び登りの電車に乗る。

20時半新橋集合。(隊長の仕事20分の押し)
コンビニでドリンクを買って高速でGO!

myoukou 2016 (1).JPG

スタートの燕温泉付近の駐車場に
テントを張って仮眠の計画。
途中、道がふさがれていたり、
予期せぬ雨が降ってきたりしてヤキモキするが、
無事クルマを止めてテントを張って就寝。
1~2時間の睡眠をとる。

myoukou 2016 (2).JPG

4時、起床。行動開始。

myoukou 2016 (3).JPG

タイツを履いて、サポーターつけて、
水筒に水を詰めて、
多少の腹ごしらえをして、トイレをすませて
出発の準備をしているうちに空が少しづつ明るくなってきます。

myoukou 2016 (4).JPG

おっと、妙高山の地図発見。

myoukou 2016 (5).JPG

パチリ。

myoukou 2016 (6).JPG

下界の町は雲の下。

myoukou 2016 (7).JPG

ぼちぼちと出発
5:45

myoukou 2016 (8).JPG

あれが、妙高山か!?

myoukou 2016 (9).JPG

下山したら、ザブンと行きますかね。
なんて言いながらね。

myoukou 2016 (10).JPG

15分も歩いたところ。
体が温まってきたところで
1枚脱いどきます。

myoukou 2016 (11).JPG

温泉街と山道の境。ってところでしょうか。

myoukou 2016 (12).JPG

妙高山はトリカブトの山でもありました。

myoukou 2016 (13).JPG

活火山は温泉をジャブジャブと噴出させる山でもありました。

myoukou 2016 (14).JPG

高度を上げていきますが、
足元はまだまだ優しいもんです。

myoukou 2016 (15).JPG

いよいよ山道らしくなってきます。

myoukou 2016 (16).JPG

おっ、4合目だって。

myoukou 2016 (17).JPG

湯道分岐だって。

myoukou 2016 (18).JPG

胸突き八丁だって。
胸突き八丁ってどういう意味でしょうね。

myoukou 2016 (19).JPG

それは、長い急登という意味なのです。

myoukou 2016 (20).JPG

5合目
7:55
2時間が過ぎていますが、まだまだ余裕。

myoukou 2016 (21).JPG

天狗堂到着。
8:15
胸突き八丁を30分で登りました。

myoukou 2016 (22).JPG

光善寺池通過。
変なキャラクターのサイン。

myoukou 2016 (23).JPG

8合目、風穴をのぞきこむ隊長。
8:43

myoukou 2016 (24).JPG

林間を抜けて、見晴らしがよくなる。

myoukou 2016 (25).JPG

こんな感じで、アルプスの山々が見える。

myoukou 2016 (26).JPG

クライマックスかぁ。

myoukou 2016 (27).JPG

鎖場。
9:28

myoukou 2016 (28).JPG

9合目なんだな。

myoukou 2016 (29).JPG

足場があって、乾いていて、鎖もあって・・・
体調万全であれば、怖くはない。怖くはない。

myoukou 2016 (30).JPG

隊長の雄姿。

myoukou 2016 (31).JPG

高度感を感じていただきたいが・・・。
どうでしょう?

myoukou 2016 (32).JPG

さて、山頂まであと一息。

myoukou 2016 (33).JPG

うーん、いい眺めだ。

myoukou 2016 (34).JPG

お、隊長は登頂。

myoukou 2016 (35).JPG

やったぁー。
10合目到着。
10:00

myoukou 2016 (36).JPG

隊長の雄姿その2

myoukou 2016 (37).JPG

珍しく自撮り2ショット。

myoukou 2016 (38).JPG

ととと・・
ここは妙高山・南峰で、
三角点は北峰のようである。

myoukou 2016 (39).JPG

100m先の北峰目指してヨコ移動。

myoukou 2016 (40).JPG

火山活動が作り出した巨岩のわきを通りまして・・・

myoukou 2016 (41).JPG

妙高山・北峰到着。
標高2446m
10:15
およそ1344mの高低を4時間半かけて登りました。

近くのおじさんに撮ってもらう。

・・・・・

休憩もそこそこに、
多少の腹ごしらえをして次のポイントに向かいます。
本日のテン場「高谷池ヒュッテ」は、もう少し先なのです。

高谷池ヒュッテから登ってきたおじさんの情報では、
テン場は工事中で数が少ないよ。
遅くなると場所がなくなるかもよ・・・
的なことを言われて、少し急いだのです。

胸突き八丁、最後の鎖場・・・と登ってきた、
急登の山の裏側を、今度は下るのです。
10:30

myoukou 2016 (42).JPG

行きはよいよい、帰りはこわい・・・。
登りは息が切れるが、下りは膝が笑う。

山の北面は昨夜までの雨の影響で
ウェッティーで、スリッピー。

斜度のきつい狭い下り。
ストックをたたんで、両手両足を使って降りていく。

myoukou 2016 (43).JPG

急な下りは気を使う。体力を使う。
写真を撮る余裕がなかなかない。
これは、途中、隊長がキノコを見つけてゲットしていたシーン。

myoukou 2016 (44).JPG

ホコリタケの幼菌ですね。
ウシシシシ。(隊長)

myoukou 2016 (45).JPG

斜度が少し緩んで、
一気の下りに一息ついた。
長助池分岐。
およそ400mをほぼ1時間で下ってきました。

いやー、大変でした。
無事で何より。自分。

myoukou 2016 (46).JPG

振り返ると、さっきまでいた妙高山。
火山噴火が作り上げた、妙に高い山。
急な下りのつらさが恨めしい。

myoukou 2016 (47).JPG

おぉ、外輪山の間の谷間はまた風景が違いますなぁ・・・。
隊長は余裕シャクシャク。

myoukou 2016 (48).JPG

下った後にまた登り返す。
そんなことはしたくはないが、
そうしなければ今日の寝床に到着しないのだ・・・。
そう言い聞かせて、駄々をこねずについていきます。

myoukou 2016 (49).JPG

大倉乗越到着。
12:30
「ちょっと、休みますか?」
「休みます!休みます!休まなければ進めません!!!」

myoukou 2016 (50).JPG

乗越をすぎて、高度を下げていって、
外輪山からの林を過ぎていく、開けた風景が広がる。

myoukou2016-2 (1).JPG

特徴的な建物の黒沢池ヒュッテ。
小休憩。・・・
ちょっと腰をおろして、靴のひもを緩めて、足裏もみもみして、
ちょっとドリンクして、ちょっと行動食口に放り込んで、
再びGO。

myoukou2016-2 (2).JPG

外輪山の外に広がる湿地帯。
火山の作った別世界。

myoukou2016-2 (3).JPG

竜胆なんかが咲いている。

myoukou2016-2 (4).JPG

振り向くとこんな感じ。
外輪山の向こうに妙高山。

myoukou2016-2 (5).JPG

ブルーベリーを見つけると必ず食べてみる隊長&隊員。

myoukou2016-2 (6).JPG

まったく山感のない茶臼山。
一応三角点がある。

追い抜いていく3人組にあいさつする。
テンバの混み具合を確認する。
私たち、これから撤収するので、そこに入るといいですよ。
なんてすれ違いざまのコミュニケーション。

myoukou2016-2 (7).JPG

ガレ場を通って、池のほとりに出ました。
ゴールは近い。

myoukou2016-2 (8).JPG

左が高谷池ヒュッテ。
右が明日目指す火打山。
明るいうちにルート確認。これも大事。

myoukou2016-2 (9).JPG

小屋が見えました。
高い三角屋根です。

myoukou2016-2 (10).JPG

テンバ到着。
はたしてスペースは残されているか。
14:05

myoukou2016-2 (11).JPG

少し前に言葉を交わした、
本日撤収の方たちと入れ替えに無事、テント設営。
そういえば、1年ぶりだわ。

myoukou2016-2 (12).JPG

テント設置OKマークはトンボのマーク。
隊長は火打山じるし。

myoukou2016-2 (13).JPG

やれやれ、と、本日の戦いをねぎらって乾杯のビール。
サッポロの新潟限定ビイル&コーラ。
3リットル汗をかいたら、3リットル水分補給。

myoukou2016-2 (14).JPG

お、もう3時過ぎてますなぁ・・・
飯にしますかぁ・・・
と、隊長の手料理タイム。

オリーブに、ひよこ豆に、コーンビーフに
マヨネーズをかけてぐりぐりぐり。

myoukou2016-2 (15).JPG

妙高山のくだりで収穫したホコリタケたちは、
弱火の遠火で良く火を通します。
オイルを用意してなかったので、マヨで代用。
全体的にきつね色に焼き色がついてきたら
塩を振って出来上がり。
熱々のおいしいつまみをあてに
ビール、ワイン、焼酎とあけながら、仕上げは
それぞれ牛飯やらカレーやら。

このテンバの水は煮沸して飲料利用してとのことなので、
明日の分の水をコトコト沸かしてはさまして用意。

そんなこんなしながら、6時過ぎ
あたりが暗くなってきたところで
各々、テントへシュラフへもぐりこむ。

明日はどうしましょうかと
4時頃出発しましょうかとあたりをつける。
テンバはベリーフラット、
熱くなく、寒くなく、風もなく、6時半ごろ一旦就寝。

myoukou2016-2 (16).JPG

寝不足でもどんなにへとへとでも、
目が覚めるときは目が覚める。
ふと目が覚めて、時計を確認すると8時。
思いのほかすんなりと眠りについたと思ったのに
1時間半というあまりに浅い眠りにちょっとがっかり。
でもまァ、目がさめちゃったものはしょうがない・・・
ここぞとばかりに寝袋のファスナーを開けて、
テントの中でストレッチやらマッサージやら。

リラックスしているうちにまたウトウトと
おそらく10時前に眠りに落ちました・・・

***********

3時、隣のテントの隊長の気配を感じながら起床。
良く眠れました。と、一安心。
もぞもぞ起きて、
湯を沸かして、珈琲を飲む。

myoukou2016-2 (17).JPG

ヘッドランプをつけていざ出発
4:15

myoukou2016-2 (18).JPG

ヘッドランプが命綱。
湿地帯の木道を歩く。

myoukou2016-2 (19).JPG

山道に入り、高度を上げていく。
徐々に夜明けの気配。

myoukou2016-2 (20).JPG

ライチョウ平
5:15
ライチョウはいない。

軽い荷物。軽いからだ。
休まず山頂を目指す。

デポってサイコー!!

myoukou2016-2 (21).JPG

徐々に空が明るくなっていく。

myoukou2016-2 (22).JPG

太陽の気配と合わせて、ガスが動きだす。

myoukou2016-2 (23).JPG

ご来光!
5:40

myoukou2016-2 (24).JPG

雲の動きを動画に収める隊長。

myoukou2016-2 (25).JPG

火打山登頂!
5:50
標高2462m
妙高山より、こっちのほうがちょっと高いんだな。

テンバから1時間30分
350mの高低。コースタイム通り。

myoukou2016-2 (26).JPG

更にその奥に焼山が見える。
ぱっくりと避けて口をあいた山頂からは
常に噴煙が立ち上っている。

まさに活火山。
立ち入り制限は当然な様子。

myoukou2016-2 (27).JPG

さ、朝ごはんだ朝ごはんだ。

myoukou2016-2 (28).JPG

久々のチリトマトヌードル。
そしてブレンディー、カフェオレ。

myoukou2016-2 (29).JPG

ガスってきちゃいましたし、行きますかね・・・。
ケルンの中の石に書かれたラブレターを読むの図。
6:35

myoukou2016-2 (30).JPG

下りは一転ガスの中。

myoukou2016-2 (31).JPG

北欧チックでもある。

myoukou2016-2 (32).JPG

朝露を帯びた、野生のブルーベリーの紅葉の美しさよ・・・。

myoukou2016-2 (33).JPG

小屋に到着。7:48
1時間10分のタイム。
なんだかやけに嬉しそうなのは、朝のお通じの気配からか。

myoukou2016-2 (34).JPG

山の道具はカラフルである。

myoukou2016-2 (35).JPG

ぼちぼちとテント撤収。
撤収の合間を縫って下山用の飲料水を煮沸して用意。
水の準備の合間を縫って、湿ったテントを乾かしたいが
薄曇りで、そこはいまいち。

myoukou2016-2 (36).JPG

あー!テントの札、一緒にしまっちゃいまったぁ・・・

myoukou2016-2 (37).JPG

さ、行きますか。
さらば、高谷池ヒュッテ。
9:18

myoukou2016-2 (38).JPG

もう、秋ですなぁ。
なんて言いながら。

myoukou2016-2 (39).JPG

お、これは!

myoukou2016-2 (40).JPG

まさか・・・いや待てよ・・・

myoukou2016-2 (41).JPG

んー、マツタケモドキじゃぁ・・・ないなぁ・・・。

myoukou2016-2 (42).JPG

カキシメジだぁ・・・残念。毒キノコです。

こんなことしながら、隊長は進んでいく。

myoukou2016-2 (43).JPG

そうこうしているうちの分岐点

myoukou2016-2 (44).JPG

ここは、富士見平
10:00

myoukou2016-2 (45).JPG

この辺は歩きやすいね。

myoukou2016-2 (46).JPG

じょじょに高度を下げながら・・・

myoukou2016-2 (47).JPG

おぉ、開けた開けた。

myoukou2016-2 (48).JPG

小川を超えて・・・

myoukou2016-2 (49).JPG

木道をてくてくのんびり歩きます。

myoukou2016-2 (50).JPG

見覚えのある特徴的な屋根の小屋
黒沢池ヒュッテ。
ちょっと休憩しましょう。
10:40

myoukou2016-3 (1).JPG

比較的楽な道でしたが1時間20分くらい歩いてきました。
木道は平ですが、クッションが効いていないので、
足の裏には優しくありませんね。

myoukou2016-3 (2).JPG

おそらくこのあと、長く、時に急な下りが続くだろう。と、
靴のひもをいったん緩めて、リラックス。
カルピスウォーター500ml一本行っとく。
隊長はドライバナナチップス。隊員はミックスナッツ&ベリー

myoukou2016-3 (3).JPG

さ、いよいよ帰路に向けてスタートしますか。
11:00

myoukou2016-3 (4).JPG

三ッ峰分岐を目指します。

myoukou2016-3 (5).JPG

比較的使われてないほうの登山道かな。

myoukou2016-3 (6).JPG

この道は竜胆の道でもありました。

myoukou2016-3 (7).JPG

いやー、いい眺めだ。

myoukou2016-3 (8).JPG

徐々に、高度を下げる。
クッション効いてるゥ。歩きやすいぃ・・・なんて、
最初のあたりは辺りは余裕。

myoukou2016-3 (9).JPG

徐々に斜度が上がり、
スリッピーな箇所やガレた場所などを
ときどき滑ったり、ずっこけたりしながらやり過ごし、
三ッ峯分岐到着。
11:50

myoukou2016-3 (10).JPG

ここからのくだり、地図によっては点線状態でした。
息を整え、集中し、勇気を出して、ストックはしまって、
ロープを使って、垂直降下なスタートです。

myoukou2016-3 (11).JPG

崩落箇所もあり、ロープに頼り過ぎるのは
かえって危ないかもよ・・・なんて言いながら慎重に。

myoukou2016-3 (12).JPG

いやーー、ちょっと緊張しましたよ。
そうでしたか。
大倉分岐12:10

myoukou2016-3 (13).JPG

息を整えて、先へ進む。
ガレた足場に集中して、
横幹に頭をゴチゴチぶつける(10回)

myoukou2016-3 (14).JPG

黄金清水、通過 12.25

myoukou2016-3 (15).JPG

これは、ドクツルタケです。
猛毒注意。

myoukou2016-3 (16).JPG

これは、何だ・・・

myoukou2016-3 (17).JPG

ちょっとわからないフクロダケだなぁ・・・。

myoukou2016-3 (18).JPG

お、渓流の音が聞こえてきた。
ひたすら高度を下げる。
つらさもピークになってくる隊員。

myoukou2016-3 (19).JPG

北側の斜面だからウェッティーでコケーッティーでスリッピーなんだよなぁ。

myoukou2016-3 (20).JPG

お、「!」マークの川渡りポイントだ。
小休憩かな?三ッ峯分岐から1時間以上歩いてるしな・・・
みんな、休んでるしな・・・。(期待値上がる)

myoukou2016-3 (21).JPG

リュックを下ろさず、休みましょう。
さ、ちょっと水分補給したら、行きましょう・・・
麻平まで行けば、そこからはだいぶ楽ですよ、きっと。

(エー!!!荷物下ろして休みましょうよぉぉぉ・・・泣き・・・・・心の声)

myoukou2016-3 (22).JPG

ぬめぬめの赤い奴。

myoukou2016-3 (23).JPG

麻平分岐
二合目。ゴールまであとちょっと

myoukou2016-3 (24).JPG

休みたい休みたいとテレパシーを送っていたので、
ここで、小休止。だってきつい下りを2時間歩いたもん!!

残りの水を飲み干す。
13:45

myoukou2016-3 (25).JPG

一合目通過
14:05

あと、ちょっと。

myoukou2016-3 (26).JPG

惣滝分岐 14:10

myoukou2016-3 (27).JPG

突然のつり橋。
それも立派な。

人工物の登場。
これは、ゴールが近い証拠。

myoukou2016-3 (28).JPG

そして、ここで、ひとっ風呂コースへ。

頼むから、ここから近くであってくれ。
河原まで下げたりしないでくれぇぇぇ(心の叫び)

myoukou2016-3 (29).JPG

お、良かった、そこだそこだ。

myoukou2016-3 (30).JPG

源泉かけ流し。硫黄の湯の燕温泉「河原の湯」

たっぷりと汗をかき、ぐっしょりの服を脱ぎ、
乳白色の露天風呂に身を沈める。

あぁ、ここが終点だったらいいのに。
なんて思いながら・・・ここまでの長い山下りに思いをはせる。

myoukou2016-3 (31).JPG

再び濡れたパンツとシャツと靴下を身にまとい、
サポーターを身につけ、肩に食い込むリュックを背負い歩き出す。

道は平たんになり、ここまできたら終わったようなものである。

myoukou2016-3 (32).JPG

登山の始まりの燕温泉街に到着。
隊長は、丸ごとのトマトとスイカ。
隊員は、メロンジュースとスイカ。

myoukou2016-3 (33).JPG

あぁ、生き返ります。

スイカ!サイコー!

myoukou2016-3 (34).JPG

クルマに戻って無事を祝い、
登山靴をサンダルに履き替え、
サポーターを外し、クルマに乗って妙高温泉で一風呂浴びに行く。

うっかりタオルを車に忘れて、隊長に手ぬぐいを借りる。

コンビニにより、ノンアルコールビールで乾杯をし、
高速で、一路帰京。
大きな渋滞もなく、20時ころに赤羽に降ろしてもらいました。

myoukou2016-3 (35).JPG

新潟酒どころで、おいしい日本酒を、とも思いましたが、
今回は海老せんべいと変わり柿のタネ。

次回は10月頭の3連休ですな。

5本指ソックスを買ってその履き心地を確認しておこう。


hittaka@desk