スタッフブログ

地球が回ってる限り、宇宙が膨張し続ける限りHUNG TIME TIMES!

Head Office H/T

立佞武多・2016

今年も行ってきました。立佞武多。
青森の、五所川原の、夏の祭典です。

「でかさ」とはある種の説得力ですね。

でかい山。でかい樹。でかい岩。でかい像・・・
でかさが神格さにつながっていくんですね。

tachinebuta2016 (1).JPG

でかさは強さにつながるんですかね。

tachinebuta2016 (2).JPG

神=かなわないもの

ということか。

tachinebuta2016 (3).JPG

でかい太鼓がでかい音を立てて
練り歩いていきます。
掛け声は「ヤッテマレ!ヤッテマレ!」

tachinebuta2016 (4).JPG

今年お目見えの「出雲阿国」

tachinebuta2016 (5).JPG

23mの大型立佞武多が並ぶ。

壮観!とはまさにこのこと。

tachinebuta2016 (6).JPG

光の演出も重要。

昔はこうはいかなかっただろうなぁ・・・。

tachinebuta2016 (7).JPG

hittaka@desk

Head Office H/T

茂本ヒデキチ展 2017@代官山

梅雨明け間近、小雨降る7月末
行ってきました代官山「茂本ヒデキチ展」

シゲさんと、奥さまが在廊していて出迎えてくれました。

daikannyama201607 (1).jpg
その技術力、画力、センス・・・
知っちゃぁいるけど、わかっているつもりでいるけど、
あらためて見ると、やっぱり毛穴がちょっと開きます。

今回は大小数十点のパネルにあらかじめ紙を張り、
この展覧会のために描き下ろし。
何点も描いて良いものをセレクトして額装・・・という手順を踏めないので、
習作を重ねた後は、えいやっ!の後に戻れぬ真剣勝負。

そんなことを想像するにつけ・・・
その画力に口があんぐりと開いてくるのです。

daikannyama201607 (4).jpg

男を描いて良し、女を描いて良し。
現代を描いて良し、時代を描いて良し。
止まって良し、動いて良し。

daikannyama201607 (3).jpg

こうなると、感心してばかりはおられずに、
あぁ、もっとジャンルごとに塊で、シリーズで、テーマごとに見て見たい!!
という欲望にかられてきます。

ミュージシャンたちのシリーズ。
NBAのレジェンド達のシリーズ。
空手家たちのシリーズ。
ダンサーたちのシリーズ。
幕末の志士達のシリーズ。
戦国武将たちのシリーズ。
躍動する馬たちのシリーズ。
運慶快慶シリーズ。
スーパーモデルシリーズ。
花鳥風雨月シリーズ。
・・・・

daikannyama201607 (2).jpg

色をもっと使った絵も、また見てみたい。
筆数をおさえた絵をもっと見てみたい。

何を描いても「茂本ヒデキチ」になるオリジナリティーを確立しているからこそ、
また、破壊と挑戦を繰り返して新しい境地に踏み込んでほしい。
そんな「卓越した技術の先にある凄み」に立ち会いたい。

グラウンドで活躍するヒーローにかってに
スタンドから声援を送る。・・・そんな感じのファン心理ですね。

久しぶりの代官山から、恵比寿までをてくてくと歩きながら
ちょっと嬉しい気分の帰路でした。

hittaka@desk

Head Office H/T

いきものがかり:梅雨明け間近

間もなく梅雨明け。
庭仕事の合間に、夏の生き物を見かける。

ゴマダラカミキリ。

ikimono1607 (1).JPG

ヤモリ。毎度おなじみ。

ikimono1607 (2).JPG

庭5年目にして、初のセミの抜け殻。

ikimono1607 (3).JPG

ショウリョウバッタ。でかい!!

ikimono1607 (4).JPG

hittaka@desk

Head Office H/T

燕岳山行:2016:後片付け

山から下りてきて、
一週間天日干ししたままなっていたギアのメンテナンス。

雨の中を歩いたりした後は、
結構靴が汚れている。
バケツに水を張って、歯ブラシでごしごし。

after-tsubakuro2016 (1).JPG

カトラリーや鍋の類は水につけ置き、からの洗浄。

after-tsubakuro2016 (2).JPG

きれいさっぱり乾かして、次回の登場を待ちます。


hittaka@desk

Head Office H/T

耳物語2016@燕岳

北アルプスから日曜日の夜、家について、
風呂に入って、あれこれ洗濯したり、
最低限の片づけをしたりして
歯を磨いて、さぁ、寝ようかという時分になって、
なんだか、右の耳が熱っぽいのに気づく。

鏡に向かってみてみると、
明らかに赤く、腫れている。

かゆみや痛みはなかったものの、
あぁ、燕岳で刺されたんだなぁ・・・。と察する。

tsubakuro2016buyo (1).JPG

月曜日朝、どうなっているか?
少しは治まっているかしらんと思いつつ鏡を見ると、
さにあらず。
ギョウザ・・・とまではいかないものの、
ワンタンくらいな感じのボリューム感。
耳のサイズに明らかな左右差があり、
人に気づかれなければいいな。
などと思いながら、それでも痛み、かゆみは
さほど感じなかったのでそのまま会社に。

道中便利なスマホで検索しまくり。

「虫さされ、ブヨ」
「ブヨ、北アルプス」
「虫さされ 薬」
「ブヨ、メマトイ、治療」
みたいな感じで・・・。

ブヨはコバエほどの、蚊ほどの大きさながら、
刺されればその痛み、かゆみは蚊とは比較にならず、
人によってはおおきく腫れ、
1週間も2週間も完治にかかる場合があるという。

ブヨは蚊のように刺すのではなく、
皮膚を食いちぎって血を吸うのだという。
しまも、まず事前に麻酔成分を皮膚に注入するらしく、
反応がすぐにわからないのだという・・・。

気づかれずにたっぷり血を吸うための知恵なんだね。
恐ろしいね。

tsubakuro2016buyo (2).JPG

月曜日
そのの夜、家に帰って、
やっぱりなんかしたほうがいいなと思って、
薬箱をゴソゴソ・・・。

いくつか残ってた皮膚用の薬をこれまた便利なスマホで調べて、
ロコイドってのがよさそうだと塗って寝る。

火曜日
やっぱりなんだか、もっとちゃんとした薬のほうがいいのだろうかと
薬局に行ってムヒEXとかを買ったりしてみる。

水曜日
耳の腫れは少し収まってきたものの、
範囲が弱まりながらも広がってきてるような気がして、
やっぱりなんだか、ちゃんと医者にでも行って
診てもらったほうがいいのかと思って皮膚科に行ってみる。

日曜日に北アルプスでおそらくブヨに刺されました。
「アーはいはい」とその場で軟膏を塗られて、
中から外から治療して、一週間たっても
良くならなかったらまた来てください。ってあっという間に治療終了。

アンテベート軟膏と
フェキソフェナジンmlを処方される。

tsubakuro2016buyo (3).jpg

今回は隊長の虫よけに随分助けられた。
それでも、たぶん、休憩時に、塗り忘れたか、
効果の薄れた右耳を何箇所か咬まれたのだ。

夏山は虫対策は必要。

刺されないための、
刺された時のための、

そんな対策が必要。

hittaka@desk