スタッフブログ

地球が回ってる限り、宇宙が膨張し続ける限りHUNG TIME TIMES!

Head Office H/TGarden

3月のリス 2016

risu1603.JPG
鳥のために用意した蜜柑を、リスめがスチール。

冬は林に食糧がないためか、やたらと庭までおりてくる・・・。

しかしまるまると、つやつやと、いい毛並みだこと。


hittaka@desk

Head Office H/TGarden

3月の庭 2016

冬来りなば春遠からじ。
暦3月、春到来。

この時期は、毎日、毎週、みるみるうちに
庭の様子が変わります。

秋に植えた、アネモネ・・・。

2016march (1).JPG

クリスマスローズは毎年少しずつ植えて足している・・・。

2016march (2).JPG

ピンク猫柳・・・。
去年植えたやつ。

2016march (3).JPG

年を超えるやつ。
消えてなくなってしまうやつ・・・。

自然は思う通りにはいきませんが、
そうだからこその面白さ、おかしさなのです。


hittaka@desk

Head Office H/TGarden

夏蜜柑&伊予柑 2016

natsumikan2016.JPG
節分過ぎ、
実家から庭でとれた夏蜜柑と伊予柑が届く。
ここのところ、毎年恒例。
伊予柑は店で売ってるような立派な味。
夏蜜柑は一年置きの出来、不出来かなぁ...。
今年の夏蜜柑は小粒で酸っぱいと手紙に書いてある・・・。

砂糖をたっぷりかけて食べて。とある。
母親はいつまでたっても母親である。

hittaka@desk

Head Office H/TGarden

蜜柑と目白

mejiro201601.JPG
冬。
いただきもののミカン。
うっかりいためてしまったものあり。
庭の餌台におく。
ほどなくしてメジロが見つける。
メジロは大概つがいでやってくる。
次にヒヨドリが見つけてやってくる。
ヒヨドリは乱暴でミカンをえさ代から落としてしまう。
ばかだねぇ・・・。なんておもいながら、
まだもう少し実のついているみかんを餌台に戻す。
ヒヨドリのいる間はメジロは来ない。
ヒヨドリよりも、小鳥に来てほしいのだ。

hittaka@desk

Head Office H/TGarden

暖冬 2015

エルニーニョ現象の影響で暖冬な2015年です。

いいような、わるいよな...。
経済的には打撃のようです。

・・・・

クリスマスになって咲いているノウゼンカズラ。

nouzenkazura2015.JPG


クリスマスになっても活動中のキボシカミキリ。
こいつはイチジクの樹が大好きで、
木に穴を開け卵をうみつけ、
中で幼虫が樹をかじり、枯らしてしまう厄介者・・・。

見つけ次第補殺とありますが・・・
なかなか、少年時代に虫を捕って遊んでいたモノにとっては
なかなかカミキリを殺してしまうのは心が痛みます・・・

とはいえ、イチジクの樹が枯れるのも辛いんですが・・・。

kamikiri 2015.JPG

霜が降りるのは、年明けてからかなぁ・・・。

hittaka@desk