スタッフブログ

地球が回ってる限り、宇宙が膨張し続ける限りHUNG TIME TIMES!

Head Office H/TGarden

4月の庭 2016 ②

日に日にその様子が変わる庭。

見ていて飽きません。

garden2-201604 (1).JPG
我が庭はラナンキュラスの庭となりつつある。

garden2-201604 (2).JPG
ピンクコデマリ
言うほどピンクというわけでもなく。
只、葉は斑入りでかわいらしい。

garden2-201604 (3).JPG
姫空木

garden2-201604 (4).JPG
エニシダ
絶好調。

garden2-201604 (5).JPG
朝霧草
年々株が大きくなります。

garden2-201604 (6).JPG
アネモネにクモとミツバチ。

hittaka@desk

Head Office H/TGarden

チューリップ 2016

春。
チューリップが咲く。

フラッシュポイント

八重咲きのチューリップ。

蕾のうちは白く・・・

tulip2016 (1).JPG

やがて深紅の花に移ろいゆく。

tulip2016 (2).JPG


チャーミングビューティー

アイボリーにグリーンがかった不思議な色の蕾。

tulip2016 (3).JPG

徐々に黄色が強くなっていく。

tulip2016 (4).JPG

まさに咲き乱れていく・・・・って感じ。

tulip2016 (6).JPG


バレリーナ

細身の花の様子。

名は体を表す。・・・的な。

tulip2016 (5).JPG


毎年毎年新しい品種が開発されているようです。


hittaka@desk

Head Office H/TGarden

4月の庭 2016

4月も半ばを過ぎて、
庭はだいぶん賑やかになってきました。

山吹。八重咲き。

aprilgarden1604 (1).JPG

八重咲きエンレン草。

aprilgarden1604 (2).JPG

ご存知、小手毬。

aprilgarden1604 (3).JPG

こちらは、大手毬。
咲き始めは黄緑色で、これから白くなります。

aprilgarden1604 (4).JPG

日に日に変わる庭の様子を見るのが楽しいですな。

hittaka@desk

Head Office H/TGarden

アジュガ 2016 春

シソ科。
耐寒性が強くて、ひと冬越えて、
しっかり花を咲かせてくれました。

ajuga2016 (1).JPG

一般的には、青花ですが、
ピンクの花はちょっと珍しい。

ajuga2016 (2).JPG
ランナーを伸ばして増えるとのこと・・・。
それはそれで楽しみ。

hittaka@desk

Head Office H/TGarden

モクレン:グリーンダイヤモンド

mokurenn1603.JPG
木蓮といえば、深い紫色の花が一般的。
早春に葉よりも先に花が咲きます。
梅や桜と一緒で、
まだ寒々とした風景にいち早く華やかさを演出します。

一時、木蘭(もくらん)という呼び名もあったようですが
「蘭」の花よりも「蓮(はす=れん)」の花のほうに似ているだろうと、
木蓮に落ち着いたとか...。

白い花のモクレンは白木蓮(はくもくれん)と呼ばれますが、
これはうっすらと緑が入った花色で、
グリーンダイヤモンドなる名前がついています。


hittaka@desk