スタッフブログ

地球が回ってる限り、宇宙が膨張し続ける限りHUNG TIME TIMES!

Head Office H/T

チューリップ 球根 2015

tulip2015.JPG
冬には冬の庭仕事があります。

十分に植えたと思った庭の植物も
うまく育ったりするものあり、育たなかったりするものあり・・・。
十分に植えたつもりで、まだまだ隙間が気になったり、
配列やレイアウトや配色が気になったりして、
もっともっとと苗を植えたり球根を植えたりするのです。

厄介だと思えば厄介。
楽しみだと思えば楽しみ。

冬来りなば春遠からじ・・・。

hittaka@desk

Head Office H/T

多肉植物やらサボテンやら。ユーフォルビア属/ポリゴナ

ユーフォルビア属ポリゴナ Euphorbia polygona

とげとげがあるので、
一見サボテンと見間違えてしまいそうですが、
こちら、ユーフォルビア属のポリゴナです。

南アフリカ - 東ケープ州が原産。
polygona'は、「多角形の、間接の多い」という意味があって、
ラテン語の 'Polys'(多い)+ 'gonu'(膝、節)の合成語だそうです。

polygona (1).JPG

polygona (4).JPG

polygona (2).JPG

polygona (3).JPG

polygona (5).JPG

ユーフォルビアは寒さに弱い種も多いのですが、
ポリゴナは比較的寒さに強いようです。

hittaka@desk

Head Office H/T

晩秋のカマキリ 2015

11月も半ばを過ぎて、
カマキリの動きもスロウになってきました。

若葉色していた羽を茶色にして
秋の庭の保護色となり、鳥の眼から逃れています。

kamakiri2015.JPG

もうじき冬が来るぞ。
そうカマキリが申しております。

hittaka@desk

Head Office H/T

ユーフォルビア 白衣ホリダ

ユーフォルビア属 ホリダ
Euphorbia horrida

白い粉を身にまとっていて、「白衣」などの名前が付いています。
ユーフォルビア属は全世界に
2000種にも上る数で分布するといわれています。

とげが生えていて、サボテンとよく似ている姿をしています。

horida2015 (1).JPG

horida2015 (2).JPG

horida2015 (3).JPG

horida2015 (4).JPG

horida2015 (5).JPG

hittaka@desk

Head Office H/T

八ヶ岳山行 2015 day2 東・西天狗岳

今シーズン一番の冷え込み。
無風。満天の星。

1番就寝はI隊員・・・8時半。
2番は隊長・・・9時半。
この2名は「寝付けないって何?」という人種で、
山中のテンパクでも寒さ知らずの環境の中で即熟睡・・・。
たっぷり食べてたっぷり眠った幸福モノ組。

3番手~の睡眠はほか隊員4名。
寝付けなかったり、寒さを感じたりしながら・・・。
それでも、11時~12時くらいにはウトウトし始めて、
断続的とはいえ、4-5時間くらいは寝ただろうか・・・
な、寝不足&やや酒残り組・・・。

ご来光大好きな隊長のスケジュールによれば、
4時起床。5時出発の予定・・・。
しかし、おそらく各隊員起床を譲り合って、
むくむくと起き出したのは5時。
そこからの、朝食の支度。

朝食のメニューは昨晩のキノコ鍋の延長。

隊長のイニシアチブでシャーベット状の鍋の汁に火をかける。(5:20)

yatsugatake2015day2 (1).JPG

第1ラウンドのうどん投入。
熱々のうどんを皆ですする。
キノコ鍋の出汁と残りの具が相まって、
あぁ・・・うまい、うまい。

yatsugatake2015day2 (2).JPG

第2ラウンドはリゾット。
アルファ米に顆粒のクリームソース。
味噌にMILK成分は合うはずです(隊長談)

yatsugatake2015day2 (3).JPG

ハフハフ、フーフー。
うまい、うまい。
食べるごとに体が目覚めてくる。

yatsugatake2015day2 (4).JPG

食事を済ませ、おのおの身支度。
昨日までの15㎏のザックから、1~2㎏程度のザックへ。
水分と行動食とカメラと・・・、
一応念のため、軽アイゼンをしのばせる。
・・・。
そのくらい。
軽い軽い!!

「デポってサイコー!!」
いざ出発
6:40

yatsugatake2015day2 (5).JPG

東の空から陽が昇っている。

yatsugatake2015day2 (6).JPG

斜度が上がる。
岩場が現れる。

yatsugatake2015day2 (7).JPG

おぉ、太陽よ!!

yatsugatake2015day2 (8).JPG

いやぁ、いいながめだねぇ。
いい眺めっすねぇ・・・
みたいな。

yatsugatake2015day2 (9).JPG

北アルプスでもおさえとくか。
雲海でも撮っとくか・・・
みたいな。

yatsugatake2015day2 (10).JPG

眼下の盆地状の町を雲海が覆う。

yatsugatake2015day2 (11).JPG

もう先に行きますよぉー・・・みたいな。

yatsugatake2015day2 (12).JPG

あの人たちはたくさん寝たからな・・・。
あの人たちは寒さしらずだったからな・・・。

みたいな。

yatsugatake2015day2 (13).JPG

あと一息。

yatsugatake2015day2 (14).JPG

岩場はさぁ、ステッキの使い方が悩ましいんだよね。

yatsugatake2015day2 (15).JPG

おぉ、東天狗岳頂上が見えてきたぞ(たぶん)

yatsugatake2015day2 (16).JPG

やっぱりそうだ!!
間違いない!!

yatsugatake2015day2 (17).JPG

やったぁ、
東天狗岳登頂
7:40

yatsugatake2015day2 (18).JPG

東天狗岳 2645m
ここまで、ちょうど1時間。

yatsugatake2015day2 (19).JPG

遠くを眺めるT隊員。

yatsugatake2015day2 (20).JPG

「おっ、いいねぇ」
「いぇーい!」

yatsugatake2015day2 (21).JPG

「よし、集合写真でもとりますか!」
「あ、そーなの!?」「タイマー何秒?」

yatsugatake2015day2 (22).JPG

「よし、このまま西天狗やっつけちゃいましょうか。
ここから15分くらいでしょう!」

yatsugatake2015day2 (23).JPG

日本画のような八ヶ岳の山々。
を、背景を歩を進めるT隊員(ややウィスキー残り)

yatsugatake2015day2 (24).JPG

8:10
西天狗岳登頂。
2646m

yatsugatake2015day2 (25).JPG

山岳人たちの後ろ姿。

昨年アタックした八ヶ岳の山々を眺める。

あれが横岳、あれが赤岳、あれが硫黄岳・・・
昨年は雨のち曇りガスって白い世界の中の八ヶ岳でした。

yatsugatake2015day2 (26).JPG

よし、ここでも証拠写真を残しておこう。

yatsugatake2015day2 (27).JPG

あ、逆光だな、
こっちむきだな。
看板も持っちゃおうか?!

yatsugatake2015day2 (28).JPG

本日のメインイベント達成。
お茶にしましょう。

隊長が沸かしたお湯をポットにいれて持ってきてくれている。
お湯をわけてもらって、カフェオレをすする。
SOYJOYをかじる。

yatsugatake2015day2 (29).JPG

みんなで山頂のコーヒータイム。
山によって、風の有無があります。

ここは無風。

yatsugatake2015day2 (30).JPG

そんじゃぁまァ、行きますか。
8:55

yatsugatake2015day2 (31).JPG

火山弾で出来た山々。
来た道とはまた別の、岩の道を進む。

yatsugatake2015day2 (32).JPG

「ここは天狗の奥庭上」とある。
9:30

yatsugatake2015day2 (33).JPG

岩の道はまだ続く。
岩の道はよそ見ができない。

yatsugatake2015day2 (34).JPG

巨岩のピークを見つけてテンションをあげる。
ファイトー!
いっぱーぁーつ!
みたいな・・・。

元気有り余る睡眠十分組。

yatsugatake2015day2 (35).JPG

おっ。小屋が見えてきた。

yatsugatake2015day2 (36).JPG

山小屋にはソーラーパネル数々。
それが今の山小屋にいかに貢献しているかがわかる。

yatsugatake2015day2 (37).JPG

ただいま!
黒百合ヒュッテ。
10:05

yatsugatake2015day2 (38).JPG

うーん、ちょっと休みますかね。
寝たい人は寝て、なんか食べたい人は食べて・・・。
一時間ぐらいしたらぼちぼち撤収しておりましょうか。

そんな方針。

yatsugatake2015day2 (39).JPG

どうする?どうする?
なんにする?何食べる?

yatsugatake2015day2 (40).JPG

スイーツ男子達のおやつタイム。

yatsugatake2015day2 (41).JPG

コケモモとチョコレートのカップケーキとココアのセット。
¥900・・・・男子達の静かな談笑タイム。

yatsugatake2015day2 (42).JPG

上村直己の色紙。
犬橇(いぬぞり)なんて言葉は彼しか成立しないですね。

yatsugatake2015day2 (43).JPG

お世話になったテントを撤収。
レンタルの6人用テントを無事返すためにも
備品の点数、点検は忘れずに・・・。

yatsugatake2015day2 (44).JPG

出発前に再充電。
先ほどのおやつタイムで十分な人もあり、
もう一息エネルギー補給にカレーを発注する隊長あり。

yatsugatake2015day2 (45).JPG

あたくしは、気になっていた「おはぎのせっと」を補給。
美味なり。満足なり。

yatsugatake2015day2 (46).JPG

さ、帰りますか。
な感じで黒百合ヒュッテをあとにする。
12:30

yatsugatake2015day2 (47).JPG

途中までは来た道を戻る。
@中山峠
隊長の荷物は20㎏(隊長の体感)

yatsugatake2015day2 (48).JPG

中山山頂。一息入れる。
13:00

yatsugatake2015day2 (49).JPG

中山展望台。
いやぁ、それにしてもいい天気。

yatsugatake2015day2 (50).JPG

展望台から北アルプスの山々など見渡す。

yatsugatake2015day2 (51).JPG

森林限界を過ぎ、森の中へ。
足元はまだ岩岩していて歩きにくい・・・。

yatsugatake2015day2 (52).JPG

「日が差すあたりで一息入れましょうか」
隊長の掛け声で一服。

「そういえば、忘年会どうする?」
「去年どうしたっけ?」

「高田馬場の居酒屋案」と「人形町の焼き肉案」が浮上する。

yatsugatake2015day2 (53).JPG

高見石小屋。
山ガール的集団が小屋前の広場にひしめいている。

「ランプと星空の山小屋」なんて
ロマンチックなコンセプトを実行するとこうなるのだなぁ。

yatsugatake2015day2 (54).JPG

急な下り坂をいくか、
なだらかな下り坂を行くか。
方針を定めて一刻も早くこのキャピキャピの場を立ち去ろう。

yatsugatake2015day2 (55).JPG

方針はなだらかな下り坂コース。

yatsugatake2015day2 (56).JPG

イントロクイズをしているうちに時間が過ぎていく。

駐車場の表示が見えるころ、
コースにいる人の中に老夫婦や
ヒール履きの人が現れる。

もう、山行の終わりが近づいている
14:40

yatsugatake2015day2 (57).JPG

14:45
駐車場着。
いやー・・・
お疲れさまでした。

握手などして無事完遂を喜ぶ。

yatsugatake2015day2 (58).JPG

共同装備を戻し、
重い靴をサンダルに履き替え、
荷物を整えて往路と同じメンバーで
2台の車に乗り込む。

まずはこの固まった体をほぐすべく近くの温泉を目指す。
T女隊員のおすすめでアイス食べ放題着きの温泉施設へ。
http://www.reex.co.jp/KOUMI/SKI/stay.html

体を温め、ほぐし、のばし、洗い、
一人2個平均のアイスを食べ帰路へ向かう。

yatsugatake2015day2 (59).JPG

高速に乗って最初のサービスエリア・横川で晩飯&精算。
山行でカロリーを随分消費しましたので、皆結構ガッツのある食事でした。

yatsugatake2015day2 (60).JPG

途中渋滞を恐れましたが、
9時半ごろに都心に到着。

登山の後の疲れと寝不足のなか、
ホントに頭が下がります。
ありがとう隊長&Y隊員!!!

計画・予想・予定・予測・想定・準備・整理・整頓・・・・
協調・体調・体力・自制・自律・開放・共有・挑戦・・・・

リュックに荷物を詰め込んで山を歩く。
山には相変わらずたくさんのことが詰まっている。

これでひとまず今年の山のスケジュールは一区切り。
シルバーウィークの山中三泊が中止だったの残念でしたが
2015年、大きなけがもなくよかったよかった。

今年は幾度か目の前で山中グルメの様子を見ました。
これからはただ空腹を満たすだけでない領域へ行きたいような・・・。

期待と希望が膨らみます。


hittaka@desk